\ 最新のニュースとトレンドをその手に /

【2023】道頓堀の飛び込み画像まとめ!『警察バリケード』がヤバすぎたw

スポンサーリンク

2023年9月14日、阪神タイガースが18年ぶりにセ・リーグ優勝を決めました。

優勝により、大阪・ミナミの道頓堀川周辺には多くのファンが集まり、歓喜の声を上げました。

この道頓堀では、阪神タイガースが優勝をした際には、その優勝を祝って「ファンが川に飛び込む」といった行為が見られてきました。

しかし、過去には死亡事故も発生したことから、今回の優勝時に合わせ、大阪府警は

約1300人の警察官

を配置し、道頓堀川の周辺で を敷きました。

そこで、今回はその警察官が敷いた厳戒態勢について、詳しく見ていきましょう。

目次
スポンサーリンク

【2023】道頓堀の飛び込み|『警察バリケード』がヤバい!

阪神タイガースが2023年9月14日に

18年ぶりのセントラルリーグ優勝

を果たしました。

過去の優勝時には、大阪・ミナミの道頓堀川に多くの人が飛び込み、死者が出たこともあります。

このことから、大阪府警は今回の阪神タイガース優勝に備え、以下のような『厳戒態勢』を敷いていました。

  • 大阪府警は、優勝当日に大阪市内の繁華街を中心に約1300人の警備体制を敷いた。
  • 橋の上を重点的に警戒し、橋から飛び込みができないよう、橋のフチ付近を数十人規模で規制。
  • 戎橋ではスロープ部分が封鎖され、川への飛び込みを行わせないような措置が執られた。
  • 戎橋が見えないように約2メートルの高さまでビニールシートで目隠し。
  • 欄干沿いに警察官が何重にも折り重なってガード。
  • 戎橋から下におりる階段付近を封鎖。
  • 「DJポリス」も配置され、軽妙な語り口調で誘導。

これらの対策の結果、優勝決定から約50分後に始まった

府警vs群衆との激しい「攻防戦」

はありましたが、午前3時過ぎまでに川に飛び込んだのは「26人」で、ほとんどが遊歩道からの「プチダイブ」でした。

以上の大阪府警の『厳戒態勢』により、今回の阪神タイガース優勝による「戎橋からの道頓堀Vダイブ」は1件もなかったようです。

スポンサーリンク

【2023】道頓堀の飛び込み|SNSでの反応

ここでは、道頓堀への飛び込み対策として、警察が実施した「バリケード」について、SNSでの反応をあげておきます。

警察の「道頓堀へのダイブ」を阻止しようとする強い意志が感じられますね。

SNSの画像や動画を見る限り、ものすごい数の人が道頓堀に集結したみたいですね!

これだけの人数がいたにも関わらず、大きな問題やトラブルにならなかったのは、ひとえに警察官のバリケードなどの対策が功を奏したのかもしれません。

スポンサーリンク

【2023】道頓堀の飛び込み|まとめ

今回は、道頓堀の飛び込み!『警察バリケード』がスゴイとSNSで話題!について見てきました。

道頓堀への飛び込みは、過去には死亡事故もあり、大変危険な違法行為でもあるので、絶対に真似しないでくださいね。

そして、警察の方々は、本当にお疲れさまでした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次