\ 最新のニュースとトレンドをその手に /

【解説】ケロニトキシズムによる食中毒!ウミガメ肉が引き起こす致命的な症状とは!

当ページのリンクには広告が含まれています。
スポンサーリンク

2024年3月5日、タンザニアでウミガメの肉を食べたことにより9名が死亡する事件が起きました。

ウミガメの肉には「ケロニトキシズム」という毒素が含まれており、これが原因とされていますが、この「ケロニトキシズム」とはどういったものなのか?

そこで今回は、

について一緒に見ていきましょう。

目次

ケロニトキシズムとは何か?

ケロニトキシズムとは何か?
イメージ図

ウミガメ食中毒事故とは

ウミガメ食中毒事故とは、ウミガメの肉を食べたことにより、致命的な症状を引き起こす食中毒のことです。

2024年3月5日、タンザニアのペンバ島で大変悲しい事件が起きました。

この島でウミガメの肉を食べた

  • 子ども8人
  • 大人1人

が亡くなり、さらに78人が病院で治療を受けたと報じられています。

この事件は、ウミガメの肉に含まれている

「ケロニトキシズム」

という毒素が原因とされています。

タンザニアの島でウミガメの肉を食べた子ども8人、大人1人が死亡した。ウミガメの肉はタンザニアにおいて珍味とされているが、“ケロニトキシズム”という致死性の食中毒を引き起こすことがあるという。

https://news.livedoor.com/article/detail/26051108/

ウミガメの肉はなぜ危険?

ウミガメの肉がなぜ危険なのかというと、この毒素は加熱しても分解されず、

食べた後に数時間から数日で重篤な症状

が現れるためです。

症状には口や喉のかゆみから始まり、嘔吐や腹痛を経て、重症化すると痙攣や昏睡に至ることもあります。

特に子どもや高齢者が影響を受けやすいとされています。

この毒の影響を最も受けやすいのは子供と高齢者だが、健康な大人でも命を落とすことがある。

https://www.bbc.com/japanese/59472229

このような事故は、ウミガメの肉を食べる文化が根強い地域でたまに報告されますが、国際的にウミガメは絶滅危惧種に指定されており、捕獲や食用は禁止されています。

それにも関わらず、ウミガメ肉を提供する現地の習慣や文化が、このような食中毒事故を引き起こしているのです。

ウミガメに含まれるケロニトキシズムの基礎知識

ウミガメに含まれるケロニトキシズムの基礎知識
イメージ図

ウミガメに含まれる「ケロニトキシズム」とは、特定の海洋生物によって生成される毒素の一種です。

この毒素は、ウミガメだけでなく、他の海の生物にも見られることがありますが、

ウミガメの肉に含まれるケロニトキシズムが人間に対して非常に強い毒性

を持っています。

ケロニトキシズムの毒性

ケロニトキシズムの毒性は非常に強く、摂取しただけで健康を大きく害することがあります。

実際、ケロニトキシズムによる食中毒は、

  • 口や喉のかゆみ
  • 嘔吐
  • 腹痛

といった初期症状から始まります。

この毒は、加熱しても分解されないため、調理方法に関わらず摂取を避ける必要があります。

摂取してから数日以内に口や喉のかゆみ、嘔吐、腹痛などの初期症状が起きる。症状が悪化すると、痙攣や昏睡など神経障害を起こすこともあり、重症の場合は今回のように死に至ることもある。

https://news.livedoor.com/article/detail/26051108/

タンザニアの事例

例えば、先に述べたタンザニアの事例では、食中毒事故が発生した日に80人以上が病院に運ばれ、その中で9人が死亡しました。

これは、ウミガメ肉を摂取した全員が何らかの症状を示したわけですから、この毒の影響力がどれほど強いかがわかりますね。

ウミガメは絶滅危惧種であり、多くの国で保護されていますが、一部の地域では依然として食用とされていることがあります。

このため、ウミガメ肉を食べる際には、その地域の法律だけでなく、健康リスクも十分に考慮する必要がありますね。

タンザニアでは、ウミガメによる食中毒がたびたび発生している。ウミガメはワシントン条約により保護対象となっているが、栄養源確保の必要や食習慣が理由で食されることがある。

https://newsphere.jp/national/20210326-3/
スポンサーリンク

ケロニトキシズムの原因

ケロニトキシズムの原因
イメージ図

ケロニトキシズムの毒性とは

ケロニトキシズムは、ウミガメを含む一部の海洋生物が持つ毒で、これを摂取することで人間が食中毒になることがあります。

この毒素は非常に強力で、ウミガメの肉を少しでも食べると、症状が出ることがありますね。

では、この毒性は具体的にどのような影響を与えるのでしょうか。

初期症状

まず、ケロニトキシズムによる食中毒の初期症状としては、口や喉のかゆみが挙げられます。

これに続いて吐き気、嘔吐、腹痛などが現れることが多いです。

症状悪化

そして、症状が悪化すると、痙攣や昏睡状態に陥ることもあります。

特に重要なのは、この毒素は加熱しても分解されないため、ウミガメの肉をどのように調理しても安全にはならないという点です。

摂取してから数日以内に口や喉のかゆみ、嘔吐、腹痛などの初期症状が起きる。症状が悪化すると、痙攣や昏睡など神経障害を起こすこともあり、重症の場合は今回のように死に至ることもある。

https://news.livedoor.com/article/detail/26051108/

例を挙げると、2024年にタンザニアのペンバ島で起きた事故では、ウミガメの肉を食べた後に子ども8人と大人1人が亡くなり、さらに78人が病院で治療を受ける事態になりました。

これはケロニトキシズムの毒性がいかに強力であるかを示しています。

ウミガメの食用文化の背景

ウミガメの食用文化の背景
イメージ図

ウミガメの肉が食用とされる文化は、主に一部の地域や島々で見られます。

これらの地域では、ウミガメの肉は伝統的に珍味とされ、特別な機会に食されることがあります。

しかし、なぜこれらの地域でウミガメが食用とされるのでしょうか。

ウミガメが食用とされる理由

ウミガメの肉を食用とする文化は、その地域の長い歴史や習慣に根ざしています。

たとえば、タンザニアやフィリピンなどの一部地域では、特定の季節や祭事の際にウミガメの肉が供されることがあります。

これは、

豊かな海の恵みとして古くから食されてきた歴史

があるからです。

タンザニアでは、ウミガメによる食中毒がたびたび発生している。ウミガメはワシントン条約により保護対象となっているが、栄養源確保の必要や食習慣が理由で食されることがある。

https://newsphere.jp/national/20210326-3/

ウミガメを食べる文化の危険性

しかし、ウミガメは絶滅危惧種に指定されており、国際的に保護されています。

このため、ウミガメを食べる文化は、動物保護の観点から見直されるべき時が来ています。

さらに、ケロニトキシズムによる健康リスクを考慮すると、この伝統を続けることの危険性が強調されます。

例えば、2018年にマダガスカルでウミガメを食べた子ども8人が死亡する事件が発生しました。

アフリカのマダガスカルで、カメの肉を食べた住民らが食中毒の症状を訴え、子ども9人を含む19人が死亡した。現地当局が18日、明らかにした。

https://www.afpbb.com/articles/-/3337571

これは、伝統的な食文化がどれだけリスクを伴うかを示す事例です。

文化的な背景を尊重しつつも、私たちは健康と環境保護のためにも、代替の食文化を模索する必要があります。

スポンサーリンク

ケロニトキシズムの症状と対処方法

ケロニトキシズムの症状と対処方法
イメージ図

ケロニトキシズムの症状の詳細

ケロニトキシズムは、ウミガメの肉に含まれる特定の毒素によって引き起こされる食中毒です。

この毒素は人間に摂取されると、いくつかの明確な症状を引き起こします。

初期症状としては、

摂取後数時間から数日以内に口や喉のかゆみが現れる

ことが一般的です。

さらに、このかゆみはしばしば吐き気、嘔吐、そして腹痛へと進展します。

もっと症状が進むと、患者は痙攣や昏睡状態に陥ることがあります。

これは、ケロニトキシズムが神経系に影響を与えるためです。

特に、子どもや健康状態が良くない成人では、これらの症状が重症化しやすいとされています。

この毒の影響を最も受けやすいのは子供と高齢者だが、健康な大人でも命を落とすことがある。

https://www.bbc.com/japanese/59472229

ケロニトキシズムの治療方法

ケロニトキシズムの治療方法
イメージ図

ケロニトキシズムによる食中毒の治療は、

主に対症療法

に基づいています。

残念ながら、ケロニトキシズムを治療する解毒剤は現在のところ、まだ開発されていません。

治療の主な目的は、患者の症状を緩和し、体の機能をサポートすることです。

解毒剤は開発されておらず、点滴や呼吸のサポートなど対症療法を受けることになるが、発症しやすい地域ではこうした高度医療を受けられないケースも多い。

https://news.livedoor.com/article/detail/26051108/

点滴による水分と電解質の補給

治療方法の一つとして、

  • 脱水症状の防止
  • 点滴による水分と電解質の補給

が行われます。

また、吐き気や痙攣などの症状がある場合には、それらを抑えるための薬物が投与されることもあります。

重症の場合は呼吸ケア

さらに、重症の場合には呼吸のケアが必要となることもあります。

これは、症状が進行して呼吸が困難になった患者に対して、呼吸器や酸素マスクを使用して呼吸を助けるためです。

例えば、先に触れたタンザニアの事例では、病院で治療を受けた78人の患者の多くが、これらの対症療法により症状の改善を見せました。

しかし、ケロニトキシズムの治療においては、摂取後できるだけ早く医療機関での適切な治療を受けることが非常に重要です。

適切な治療を受けることで、症状の悪化を防ぎ、回復へと導くことが可能になるからです。

スポンサーリンク

ケロニトキシズムによる食中毒!まとめ

今回は「ケロニトキシズムによる食中毒!ウミガメ肉が引き起こす致命的な症状とは!」について見てきました。

記事のまとめ
  • ケロニトキシズムはウミガメの肉に含まれる毒素によって引き起こされる食中毒
  • タンザニアのペンバ島で2024年3月5日に発生した事故で子ども8人と大人1人が死亡
  • ケロニトキシズムによる症状は数時間から数日以内に発症し重篤な場合がある
  • 初期症状は口や喉のかゆみから始まり、吐き気、嘔吐、腹痛へと進む
  • 症状が悪化すると痙攣や昏睡を引き起こす
  • ケロニトキシズムの毒素は加熱しても分解されない
  • ウミガメは絶滅危惧種であり、国際的に保護されているが、一部地域では食用とされることがある
  • ウミガメ肉を食べる文化は古くからあり、特定の地域では珍味とされる
  • ケロニトキシズムの治療は主に対症療法で、特異的な解毒剤は存在しない
  • 早急な医療介入が回復の鍵となる

この記事では、ウミガメの肉に含まれる「ケロニトキシズム」という毒素がいかに強力で、危険なものかをお伝えしてきました。

ここまでご覧下さり、ありがとうございます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次